大陸バー 彦六 event

2018年イベントスケジュール

2018年11月15日(木)

「コスモな二人~弾き語りと吹き語り

<出演>
ハル宮沢(歌、ギター)
from
コスモポリタン・カウボーイズ

多田葉子(歌、サックス)
from コスモポリタン・カウボーイズ

18:00 OPEN/20:00 START
1000円(オーダー別途)
予約受付は彦六へ


2018年11月17日(土)



<出演>
辻村マリナ
(歌、ギター)

18:00 OPEN/19:00 START
2000円(オーダー別途)
予約受付は彦六へ

辻村マリナ
1993年2月23日生まれ。東京外大ラオス語科卒。
2014年より自作曲を歌い始めると同時に大学を休学し旅に出始め、国内、国外、色々なところへ行っている。
例えば中国広西省チワン族自治区の掛け合い歌など、各地の土着的な"歌"を体験することが旅の柱となっている。
毎年タイのシャンバラ祭りに出演兼スタッフとして参加。
2018年アナログレコーディングによりファーストアルバム『夜をくぐり抜けるために』を制作し、同年9月2日にリリース。


2018年11月18日(日)

高円寺ロック・ウクレレ宴会
☆畳3畳オンステージ☆ザ・ファイナル
~ウクレレオープンマイクイベント

18:00 OPEN/18:30 START
入場無料(ワンドリンク以上のオーダーをお願いします)

2016年10月の10回目の開催をもってお休みしておりました
「高円寺ロック・ウクレレ宴会」が一夜限りの大復活!
今回は入場無料。
大陸バー彦六の美味しいお酒とお料理を存分にお楽しみください☆
出演者募集中です。
先着順ですのでお早目の参加ご予約お待ちしてます!

ホスト:
メルモ

ご予約はこちらにて(先着20名)
1.代表者のお名前(エントリー名) 2.参加人数
をお知らせください。

【注意事項】

◯演奏は1組1名~4名くらい
(最低1名はウクレレでお願いします。
床を踏み鳴らすようなパフォーマンスはNGになります。
ご協力よろしくお願いします。)

◯演奏曲はロックでお願いします。
洋楽、邦楽は問いません。
(「この曲はロックなんだろうか。。。」 と迷ったら、
それはきっとロックですのでぜひ演奏を♪)

◯演奏時間は10分以内、2曲以内を目安とします。

◯今回はゲスト枠はございません。
プロの方もアマの方も、ホスト役も、
全員、参加は同条件になります。

◯店内には、ギターアンプ1・マイク2・譜面台2の用意があります。


2018年11月21日(水)

「とんちピクルス 彦六十番勝負 其の四」



<出演>
とんちピクルス
(歌、ウクレレ、ラップ)

太陽バンド
(歌、ギター)

18:00 OPEN/20:00 START
2000円(オーダー別途)
予約受付は彦六へ


太陽バンド
ニューヨーク生まれ、広島育ち、東京在住の畑俊行によるソロユニット。
出会いと別れ、笑いや涙、男の哀愁など、日々の風景を時に熱く、時に優しく歌う。
弾き語りとバンドスタイルの両方で活動中。スカンク兄弟のメンバーでもある。
フェイバリットはThe BAND、PRINCE、 ちあきなおみ、水曜どうでしょう、
北の国から、1・2のアッホ、温泉、うどん、水玉模様。
2008年にアルバム『8』を、2013年2ndアルバム『穴』 をリリース。


2018年11月23日(金)

「トンネル抜けて!」

<出演>
ザ・マスダタクロウ(歌、ギター)


山下健太(歌、ギター)
from 鼻ホームランの森

<Opening Act>
織田島高俊
大陸バー 彦六店主(歌、ウクレレ)

18:00 OPEN/19:00 START
入場無料
※ワンドリンク以上のオーダーと出演者への投げ銭ををお願いします
予約受付は彦六へ


2018年11月24日(土)



<出演>
ジ・オリンピクス
矢本健士(歌・ベース・ピアノ・ギター・マンドリン・笛)
清水彩月(歌・ウクレレ・三線・鳴りもの)
西堀ゆきお(歌・ギター・マンドリン・ウクレレ・ベース)

18:00 OPEN/19:00 START
2000円(オーダー別途)
予約受付は彦六へ


ジ・オリンピクス
「大阪、京都、滋賀在住の孤高の個性派シンガーが集結し、
奇跡的に生まれた唯一無二のコーラストリオ。
3人が楽器を持ち替え歌いまくる。表現がユニークでポップ。」
by 清水彩月(キャプテン)

「奇人変人SSWのアメーバ歌唱演奏3人集合体」
by 西堀ゆきお(エース)

「3人ともオリンピック開催年生まれ。
作詞・作曲に演奏、歌も歌います。
そんな、サケ・ドランク・民謡歌謡で、
オリンピック精神に則らない3人組です。」
by 矢本健士(リーダー)


-NEW!-
2018年11月25日(日)

喫茶 東京鼠「銀河鉄道の昼」

<出演>
馬野ミキ (歌、ギター)
吉田和史 (歌、ギター)
敬々 (歌、ギター)

13:00 OPEN/13:30 START
1200円(オーダー別途)

「銀河鉄道の昼」
毎月最終日曜日開催


2018年11月25日(日)

「イタチ彦六マンスリーライブFINAL(其の十六)!! 魑魅魍魎」



<出演>
草深イタチ
(歌、ウクレレ)

ikuwa
(歌、バラライカ、ウクレレ)

平田順一

(ラジカセ叩き語り)


18:00 OPEN/18:30 START
500円(オーダー別途)
予約受付はこちらへ


-NEW!-
2018年11月27日(火)

お茶の間ボリウッド~インド映画団欒会

BLOCKBUSTERS! '80s~'90s

第十三回上映作品
アニル・カプール(2008年『スラムドッグ$ミリオネア』)
シュリデヴィ(2012年『マダム・イン・ニューヨーク』)
W主演の大ヒット作!

「Mr. INDIA」(1987年・英語字幕版)


<あらすじ>
身寄りの無い子供達を家に住まわせ面倒を見る、貧しくも実直な青年アルン。
亡き父が秘密裏に開発した装置を使って不思議な力を手にした彼は、
正体不明な正義の味方『Mr. INDIA』を名乗り、弱きを助け強きを挫く。
そのとき、インド支配を目論む悪の組織が、彼に魔の手をのばしていた…。
劇中歌
『Hawa Hawai』
劇中歌
『Kate Nahi Katate Ye Din Ye Raat (I Love You)』

 

19:00 OPEN/19:30 START
※途中休憩あり、22:30頃終演予定

入場料:500円(日本語解説書付き)
※飲み物・軽食の販売あり
予約受付は彦六へ


2018年12月1日(土)

喫茶 東京鼠
黒田玲兎 solo play 『白昼夢、零れる、』#13



<出演>
黒田玲兎
(歌、ピアノ)

13:00 OPEN/13:30 START
入場無料
※ワンドリンク以上のオーダーと
出演者への投げ銭をお願いします


2018年12月1日(土)

「紙ってる!」


<出演>
森元暢之たらすな
(紙芝居/ウクレレ)


本町うつぼ
(マンガーソングライター)

18:00 OPEN/19:00 START
入場無料
※ワンドリンク以上のオーダーと出演者への投げ銭ををお願いします
予約受付は彦六へ


2018年12月12日(水)

「とんちピクルス 彦六十番勝負 其の五」



<出演>
とんちピクルス
(歌、ウクレレ、ラップ)

エマーソン北村
(鍵盤)

18:00 OPEN/20:00 START
3000円(オーダー別途)
予約受付は彦六へ


エマーソン北村
キーボード奏者として後期のJAGATARA、MUTE BEATに参加。
その後もフリーのミュージシャンとして忌野清志郎&2・3's、EGO-WRAPPIN'、斉藤和義、シアターブルック、キセルなど数多くの個性的なバンド・アーティストと共に活動し、’90年代から現在に至る音楽シーンを常に支えてきた。
2014年にソロアルバム「遠近(おちこち)に」を発表。リズムボックスと古いキーボードを使って、現在と過去、現在地と知らない場所を行き来するような音楽を編み出し、幅広い世代から支持を得た。
2016年にはエッセイも収録した「ロックンロールのはじまりは」、2017年に配信シングルをリリースし、「エマソロ」と呼ばれる一人ライブではフジロックやRising Sun Rock Fesといった大フェスから、カレー屋や古書店の店頭まで、全国をフットワーク軽く巡っている。
2018年2月、映画「バンコクナイツ」トリビュート12インチアナログ盤「田舎はいいねEP」をリリース。


2018年12月13日(木)

「The LAST CHILDREN of 彦六」

<出演>
グッナイ小形
湯澤ひかり
キライ
(歌、ギター)

<Opening Act>
織田島高俊
大陸バー 彦六店主(歌、ウクレレ)

18:00 OPEN/19:30 START
1500円(オーダー別途)
予約受付は彦六へ


2018年12月14日(金)

「とんちピクルス 彦六十番勝負 其の六」



<出演>
とんちピクルス
(歌、ウクレレ、ラップ)

島津田四郎
(歌、ギター)

18:00 OPEN/20:00 START
2000円(オーダー別途)
予約受付は彦六へ


島津田四郎
香川県高松を拠点に、ギターを抱え全国を旅してまわる青年。
朴訥そうな外見とうらはらにならない歌そしてトーク。
しかし時折見せる攻撃的なギターが彼の目指すロックとうどんの融合を垣間見せて、ああ、この人にならお椀を預けても良いかも、と僕は思った(とんちピクルス談)。
日常のさまざまなことを少し斜めに、たまに大らかに歌い上げるタシロー節はスルメのような味わいです(とんちピクルス談)。


2018年12月16日(日)

「ウクレレ弾き語りの覚醒〜カレーランチ・ライブ@彦六〜



<出演>
こはる OldBoy
まのす BocketKaz

(歌、ウクレレ)

11:30 OPEN/12:00 START
ドリンク付き:1600円
ドリンク+ハーフカレー付き:2100円
ドリンク+カレーフルサイズ付き:2400円
予約受付は彦六へ


2018年12月20日(木)

「OMO YOKO 年の瀬の宴」



<出演>
OMO YOKO
おもたにせいじ(ウクレレ、スラッキーギター、歌)
松田ようこ(ウクレレ、スラッキーギター、歌)

18:00 OPEN/19:30 START
2000円(オーダー別途)
予約受付は彦六へ


2018年12月23日(日)

「The BeatUSのハッピークリスマス イブイブライブ」



<出演>
The BeatUS
(成相博之&勝誠二)

18:00 OPEN/19:00 START
3000円(オーダー別途)
予約受付は彦六へ


The BeatUS (The Beat Ukulele Sounds)

現在ウクレレプレーヤーとして個々に活動中の成相博之( U900 )と勝誠二(元 子供ばんど)の2人によるスペシャル・ユニット。
ウクレレ(成相)とモバイルベース(勝)にリズムマシンを加えた最小限のバンドスタイルが出来上がった。コンセプトは「バック トゥ ザ 中学生の部活動!」で、多感な10代の頃に聴き馴染んだロックミュージックの原点に立ち返り、何より自分達がそれを一番に楽しみ、観ている人達ともそれを共有するような肩の凝らないステージを展開中。
2017年4月英国リバプール キャバーンクラブに出演、7月には1stアルバム「Meet The Beatus」をリリース。
2018年5月に都電貸切ライブ、6月は Lesson & Live Tourと、ライブ+αの面白企画を次々と実施。今秋セカンドアルバム発売予定。


2018年12月24日(月・祭)

「今宵復活!蛇腹姉妹の暗黒クリスマス」



<出演>
蛇腹姉妹
佐々木絵実:アコーディオン
藤野由佳:アコーディオン

<スペシャルゲスト>
蜂鳥あみ太4号
(ボーカル)

19:00 OPEN/20:00 START
2500円(オーダー別途)
予約受付は彦六へ



-NEW!-
2018年12月29日(土)

【彦六の空に鳴け!】


<出演>
ふやよみ
(青木薫:ギター/あおきさとみ:歌)


ツヅレサセ
(inotch☆:歌、サックス)

18:000 OPEN/19:00 START
2200円(オーダー別途)
予約受付は彦六へ


ふやよみ
奄美大島に住まう、青木薫とあおきさとみ(旧はたさとみex.ソラネコ)の二人組。
島の暮らしで生まれるうたを演奏しているうちに、奇妙な旅がはじまった。
果たしてどんなおもしろいことが待っているのか。
ギターとうたと胸を高鳴らせる日々

ツヅレサセ(inotch☆)
京都府出身。アニマリオペレッタ、ワンダーバンド、イノッチリンダでVo&Sax担当。
上京してスギナミガールフレンドフォーエバーで活動。現在ソロ修行中。
どじでのろまな生き物です。


2018年12月30日(日)



<出演>
辻村マリナ
(歌、ギター)

17:30 OPEN/18:30 START
2000円(オーダー別途)
予約受付は彦六へ

辻村マリナ
1993年2月23日生まれ。東京外大ラオス語科卒。
2014年より自作曲を歌い始めると同時に大学を休学し旅に出始め、国内、国外、色々なところへ行っている。
例えば中国広西省チワン族自治区の掛け合い歌など、各地の土着的な"歌"を体験することが旅の柱となっている。
毎年タイのシャンバラ祭りに出演兼スタッフとして参加。
2018年アナログレコーディングによりファーストアルバム『夜をくぐり抜けるために』を制作し、同年9月2日にリリース。


ライブ(ギターアンプ1・マイク2・譜面台2・
電子ピアノ・アコギ・三線を常設)、
展示会、フリーマーケットなどの店内イベント、
貸切りパーティ承ります
カウンター7席+テーブル3席+ちゃぶ台8席あり


過去のイベント2018
過去のイベント2017
過去のイベント2016
過去のイベント2015
過去のイベント2014
過去のイベント2013
過去のイベント2012
過去のイベント2011
過去のイベント2010
過去のイベント2009
過去のイベント2008
過去のイベント2007
過去のイベント2006
過去のイベント2005


home

HOME