大陸バー 彦六 event

2017年イベントスケジュール


2017年6月21日(水)



<出演>
Zaitohzaya
さや fromテ二スコーツ
斉藤友秋


18:00 OPEN/20:00 START
入場料金:自由制(要オーダー)

予約受付は彦六へ


Zaitohzaya
さや(テニスコーツ)と斉藤友秋による、手探りの音楽。
頭の隅に置きっ放しの音群を新たな思い付きで包む。



2017年6月22日(木)


<出演>
sujiko sumoguri
國木まちこ(歌、アコーディオン、のこぎり)
かんのとしこ(アコーディオン)

DOSAMA
関島種彦(バイオリン、マンドリン)
大野慎矢(アコーディオン、ガイダ[ブルガリアンバグパイプ]、笛)
宮坂洋生(ウッドベース)

18:00 OPEN/20:00 START
2000円(オーダー別途)

予約受付は彦六へ


DOSAMA
日本の古き民俗文化の一端を担っていた坊様、門付け、瞽女などの芸人達や、
東欧~バルカン半島周辺の生命力溢れるフォークロア音楽とロマ(ジプシー)音楽、
そして1970年代にフランスのリヨンで発足した『ARFI:想像的民俗音楽探求協会』の創造性に倣って、
かつて私達の生活の身近な場所にあった音楽や、その深い記憶の源泉を辿ります

かんのとしこ
大阪在住。どんな場所でも、身軽にアコーディオンの音色をお届けします。
目から、耳から、クルクルと動き回る生の音を感じて頂けますように・・・
演奏活動の他、演劇音楽、バレエの生演奏、即興劇や即興ダンス音楽など、
多ジャンルとの共演・楽曲制作も。
2016年8月に「ばらとミツバチ(バンド編成)」と「ツバメとあじさい(1人っきり)」の
2作のアルバムリリース。(iTunesでも発売中!)
2017年より、アルバム制作メンバー総勢9名のバンド「菅野稔子とRyokan DA ファミリー」始動。

sujiko sumoguri (國木まちこ)
2007年 うたとノコギリを武器に、
アコーディオン、テルミン、クラリネット、ウッドベースを引き連れ楽団「わをん」結成。
のんびりと活動。照れ屋の目立ちたがりな性格を、存分に発揮。
後に1枚のCD-Rと、2012年にはミニアルバム『残像』を全国リリース。小さなツアーも敢行。
2013年、兼ねてから敬愛していたルーマニアのロマの音楽団 タラフドゥハイドゥークスの
メンバー宅に突撃訪問、自分のためだけに奏でられた音を聞き、色んなものが削ぎ落とされる。
帰国後しばらくし、友人であったブルースマン トミーブギーと共に「トミーブギー と 國木まちこ」結成。
2014年には初めてのフルアルバム『ごひいきに』をリリース。
2016年よりアコーディオンを担いで歌い始める。
2017年よりライブごとにメンバーが入れ替わる流動的ユニット『sujiko sumoguri』結成。
自身の世界を絶賛拡大中。


2017年6月25日(日)


<出演>
古澤ひかり
(歌、ギター)


こもりうた
こもりうた(歌、ギター)
晴歌(コーラス、パーカッション、トイピアノ)

12:00 OPEN/13:00 START

1600円(ワンドリンク付き)
2100円(ワンドリンクと「喫茶 東京鼠」のハーフカレー付き)
+300円でカレーをフルサイズに出来ます

★御予約の際に、カレーを付けるか否かをお知らせ下さい
予約受付は彦六へ


古澤ひかり
アコースティックギターを弾き自作の歌をうたう。
2006年スザクミュージックより1stアルバム「バラは咲き」リリース
ねじれたポップをあるままのクラシカルなメロディにのせ、独自の世界観を歌う。



2017年6月25日(日)

「めめちゃん サンキュー(産休)祭!」夜の部


<出演>
めめとウエッコ
めめ(歌、スチールパン)
ウエッコ(歌、ギター、ウクレレ)

18:00 OPEN/19:00 START
入場無料 ※めめ式投げ銭制

予約受付は彦六へ



めめとウエッコ
ザッハトルテのギター担当ウエッコと、スティールパン弾きめめのおきらくユニット。
ビールやコーヒーはもちろん、なんとクリームソーダにも合う夫婦漫談系ミュージック!?
めめとウエッコ、産休前のラストライブ「サンキュー祭!」



2017年6月28日(水)

「ふみあはせ~第八幕~」
~雨本ふみと仲間たちのちょっぴロックな歌合せ


<出演>
雨本ふみ
(歌、ギター)

ハルコフォン
(歌、ギター)

18:00 OPEN/20:00 START
入場無料
※ワンドリンク以上のオーダーと出演者への投げ銭をお願いします

予約受付は彦六へ


2017年6月30日(金)


<出演>
OMO YOKO
おもたにせいじ(ウクレレ、スラッキーギター、歌)
松田ようこ(ウクレレ、スラッキーギター、歌)

Apple Geeta
Akiko☆sitar(Sitar & Vocal)
George★kigawa(Guitar & Vocal)

18:00 OPEN/19:30 START
2000円(オーダー別途)

予約受付は彦六へ


OMO YOKO
おもたにせいじと松田ようこによるウクレレ・デュオ
ウクレレ2本で、ときにはスラックキー・ギターに持ち替えて、
ビートルズを始めとするロック&ポップスのほか
ジャズ、ブルース、ハワイアン等を演奏。
ウクレレらしい繊細さだけでなく、骨太なビート、ブルージーなソロなど、
多彩なアレンジはウクレレの世界を大きく広げている。
デュオ名「おもようこ」は2人の名前を合わせたもので、
2012年よりライブハウス等で活動。

Apple Geeta
インド音楽演奏家・シタール奏者Akiko☆Sitarが
ギタリストの町田万象房主を従えて突き進むラーガ・ロックデュオ。
Apple Geetaとは「リンゴの詩(うた)」。
結成のきっかけはもちろんThe Beatlesへのトリビュート。
2ndアルバム『ONENESS』全国CD店で発売中!


2017年7月5日(水)


<出演>
ペーソス
島本慶(歌・ハーモニカ)
米内山尚人(ギター)
スマイリー井原(専属司会)
末井昭(テナー・サックス)
近藤哲平(クラリネット)

松井文(歌・ギター)
種石幸也(b)
ハラナツコ(sax)

18:00 OPEN/20:00 START
2000円(オーダー別途)

予約受付は彦六へ


2017年7月9日(日)

「ひと夏かぎりの大人のトークショー」吉野勝巳とハル宮沢

<出演>
ハル宮沢(歌、ギター)
from
コスモポリタン・カウボーイズ

吉野勝巳(歌、ギター)
from
ザ・シダルマカバー
ex.突撃ダンスホール

18:00 OPEN/19:00 START
1000円(オーダー別途)

予約受付は彦六へ


-NEW!-
2017年7月10日(月)

「カシオトーン落語とアコーディオン会」

<出演>
八十八サチヲ
(カシオトーン弾き落とし)
<共演>森田万里子(フルート)

田ノ岡三郎
(アコーディオン)

18:00 OPEN/20:00 START
入場無料
※ワンドリンク以上のオーダーと出演者への投げ銭をお願いします

予約受付は彦六へ


八十八サチヲ
齢(よわい)四十にして、突如として落語に神憑(がか)り。
本業のジャズライブ中、三木助の「芝浜」が口をついて出て周囲を混乱に陥れる。
もはや落語廃人になる一歩手前であったが、愛妻の助言によりキーボード落語家として立ち直ろうと決意。
2011年より高座を開始。今までおろしたネタは20席以上。吉原モノ、艶笑系の噺に本領を発揮する.。
日本唯一の「カシオトーン弾き落とし」落語家として独自の世界を展開。
他の追随を許さない。というか誰も追随してない。

田ノ岡三郎
東京を拠点に全国津々浦々(時に海外)で活動を続ける「旅するアコーディオニスト」。
千葉県出身。自身のルーツは和歌山県田辺市。
音大卒業後に独学でアコーディオンを弾き始め、後にパリにてダニエル・コラン氏に師事。
様々なジャンルのアーティストのRecording(CM音楽、映画やドラマのサウンドトラック等も多数)
及びライブ、イベント出演などで活躍し、舞台やTVへの出演も多数。
歌うように奏であげる音色には定評がある。
自身のオリジナル曲を中心にこれまでに5作のソロアルバムを発表。
favorite:気ままに旅すること。特に鉄道の旅が大好き!
こよなく旅を愛するがゆえ、電車内や豪華客船などの「動くステージ」でのパフォーマンスも多く経験。
最小編成であるアコーディオンソロでのアンプラグド・ライブも
ライフワークとして各地のカフェ等で精力的に行っている。


2017年7月15日(土)



<出演>
吉野大作
(歌、ギター)

18:00 OPEN/19:00 START
1500円(オーダー別途)

吉野大作
1951年生まれ、横浜を中心に40年近くに渡って活動を続ける作詩・作曲家、ロック・シンガー。
メジャー、インディーズ合わせて18 枚のアルバムをリリース。
アシッドフォークな「吉野大作の少年時代」(73年)「ランプ製造工場」(74年)発表、
80年代、吉野大作&プロスティテュートで活躍、
フリーキーでスリリングなロックの名盤「死ぬまで踊り続けて」「後ろ姿の素敵な僕たち」を発表
プロスティテュート以前からの仲間を再結集させた、吉野大作&後退青年でブルース/ロックンロール回帰。
近藤等則、石塚俊明、ロケット・マツ、飛兎楽団らとのコラボ、
映像とサウンドの融合を目指したイベントや、詩人とのライヴ・セッションなど
様々な実験的試みにも挑戦し幅広い表現活動を行う。
現在は、主にソロで独特の詩世界を描いた「唄」を歌い続けている。
最新アルバムは「あの町の灯りが見えるまで」(ディスクユニオン) 2012年2月発売。

予約受付は彦六へ


-NEW!-
2017年7月18日(火)

『木下弦二プレゼンツ 私の好きな歌〜西から東から〜』


<出演>
佐藤幸雄
(歌、ギター) from すきすきスウィッチ、佐藤幸雄とわたしたち

藤井邦博
(歌、ギター)from 魚座

木下弦二
(歌、ギター) from 東京ローカル・ホンク

18:00 OPEN/19:30 START
2000円(オーダー別途)

予約受付は彦六へ


佐藤幸雄
70年代末より人前での演奏を始める。「すきすきスウィッチ」「PUNGO」「くじら」のオリジナルメンバー。
80年代、テレグラフよりすきすきスウィッチ「忘れてもいいよ」上梓。
個人名でのギターと歌。田中泯主催の舞塾で学ぶ。
音楽プロデュース作品も幾つか(須山公美子、割礼、等)。90年代初め「絶望の友」の後、長い隠遁。
2011年、人間関係と生活を立て直すうちに「歌と演奏など」が再開。
2013年「すきすきスウィッチ」として新作CDを3枚同時発売後、
現在はひとりで、あるいは「佐藤幸雄とわたしたち」を率いて活動中。
2016年10月、都内の某所で「基本毎日」行ったライブの記録を一曲入りCD-RW24枚組「名前はまだない」として作成。
毎瞬毎瞬、歌を立ち上げるため、全力できちんとしようとしております、が。

藤井邦博
北九州市小倉在住。2000年頃から魚座というバンドで活動している、ソロでの演奏も多い。
ソロではオーセンティックな日本語フォークの影響を見せつつ、
風変わりな歌詞と旋律を中心にすえた曲作りで活動中。
ソロで「enjoying the night」「カナリア」「本を読まなくちゃ(ライブ録音)」の3つの作品、
「メルヒェン地獄」「魚座の世界」などバンド名義でも8つの作品を発表している。

木下弦二
1964年生まれ東京出身。ロックバンド 東京ローカル・ホンクの歌、ギター、全曲の詞/曲を担当。
2015年に初のソロアルバム「natural fool」発表。
2012年に福島の原発事故を受け、家族と共に福岡に移住。
ソロ、バンドを問わず、福岡、東京、京都や名古屋などでもライブを展開中。
「この時代、誰もが気づかずに感じている哀しみ、それはやり場のない怒りに裏打ちされている。
弦二さんの歌はさり気なく、そんな私たちの心を解きほぐしてくれる。」谷川俊太郎


-NEW!-
2017年7月26日(水)


<出演>
やもと問唔
(歌、ギター)

なべ虹魚
(歌、ギター)

辻村マリナ
(歌、ギター)

18:00 OPEN/19:30 START
2000円(オーダー別途)

予約受付は彦六へ


2017年7月28日(金)

「from PARIS to TOKIO ウクレレミーティング」


Aloha Bonjour Encore!
フランス・パリ在住のウクレレ弾き、Sébukuléléをお迎えし
東京を拠点に活躍するウクレレ奏者たち
フリーマイクに参加のお客様たちとで
一期一会のミーティングを


18:00 OPEN/19:30 START
600円(ワンドリンク付き)※ミニライブ出演者への投げ銭歓迎

<ミニライブ出演>

Sébukulélé歌、ウクレレ) from Paris, France
角森隆浩(歌、ウクレレ)
machiko*maui歌、ウクレレ)
フランソワーズと猫輔(歌、ウクレレ、バイオリン)

18:00 OPEN/19:30 START
入場無料
※ワンドリンク以上のオーダーと出演者への投げ銭をお願いします

併せてフリーマイクも開催。参加者を6組募集します。
セッティング混み10分以内の演奏内容でソロ、デュオ、またはトリオの、
ウクレレ奏者を含む編成であること。
フリーマイク参加の申し込みはこちら

観覧だけのお客様もご予約受け付けます。
観覧予約の申し込みはこちら


Sébukulélé
パリ在住。80年代から色々な楽器を弾き始めるが、2012年に東京へ旅行した際、偶然ウクレレに出会う。
この出会いをきっかけに、作曲に挑戦。
同時に、Velvet Underground やThe Cure、The Specialsなどのロックグループの演奏も。
それらをパリのウクレレフェスティバルで弾き始めた。
2015年、新潟の「オープンマイク」に参加した際、日本人がフランスの曲が好きなことを知る。
イヴ・モンタンやレオ・フェレ、そしてゲーンズブールなどの古い歌を、
自身のオリジナル曲と共にウクレレで演奏。


2017年7月31日(月)

「早川義夫ライブ」



<出演>

早川義夫

(歌、ピアノ)

18:00 OPEN/20:00 START
2500円(オーダー別途)


予約受付は彦六へ


-NEW!-
2017年8月6日(日)



<出演>
一夜干ばるたん
(歌、ギター)

18:00 OPEN/PEN/19:00 START
入場無料
※ワンドリンク以上のオーダーと出演者への投げ銭をお願いします

予約受付は彦六へ


-NEW!-
2017年8月21日(月)

~ちひろとゆうたしん、2人は仲良し vol.2~

<出演>
おおきたちひろ
(歌、ウクレレ)

古屋敷裕大
(歌、ギター)

18:00 OPEN/19:30 START
1500円(オーダー別途)

予約受付は彦六へ


古屋敷裕大
青森県出身・在住のシンガーソングライター。
昨年、ソロミニアルバム『Old House』を発売し、
ラジオ番組 『古屋敷裕大のうたうラジオ』をスタート。
日本酒好きからは、大吟醸の歌声といわれている。


-NEW!-
2017年8月24日(木)


<出演>
あべあいこ
(歌、ギター)

法橋ハジメ
(歌、ギター)

18:00 OPEN/20:00 START
1500円(オーダー別途)

予約受付は彦六へ


ライブ(ギターアンプ1・マイク2・譜面台2・電子ピアノ・アコギ・三線常設)、
展示会、フリーマーケットなどの店内イベント、
貸切りパーティ承ります
カウンター7席+テーブル3席+ちゃぶ台8席あり


過去のイベント2017
過去のイベント2016
過去のイベント2015
過去のイベント2014
過去のイベント2013
過去のイベント2012
過去のイベント2011
過去のイベント2010
過去のイベント2009
過去のイベント2008
過去のイベント2007
過去のイベント2006
過去のイベント2005


home

HOME