大陸バー 彦六 event

2018年イベントスケジュール


2018年2月23日(金)


<出演>
Apple Geeta
Akiko☆sitar(Sitar & Vocal)
George★kigawa(Guitar & Vocal)

uranawanaii
あばれうま のりお(うた、ウクレレ、他)
のだはるみ(うた、ウクレレ、他)
六車光明 a.k.a.KAI(うた、ウクレレ、他)

18:00 OPEN/19:30 START
入場無料
※ワンドリンク以上のオーダーと出演者への投げ銭をお願いします
予約受付は彦六へ


2018年2月24日(土)

uyuni&おおきたちひろpresents
路地裏エレクトロみかん


<出演>
uyuni おおきたちひろ
(鍵盤、電子音/ウクレレ、歌)

12:00 OPEN/13:00 START
入場無料
※ワンドリンク以上のオーダーと出演者への投げ銭をお願いします
※フード販売あり(生姜挽肉カレーライス)
※温州みかん食べ放題
予約受付は彦六へ


2018年2月25日(日)

「イモヒキフェスティバルvol.3」

<出演>
ハルコフヲン
(歌、ギター)

今泉沙友里
(歌、ギター、ピアノ)

18:00 OPEN/19:00 START
1500円(オーダー別途)
予約受付は彦六へ


ハルコフヲン
シンガーソングライター。 笑いと悲哀系。
高円寺、吉祥寺で活動中。
3rdアルバム 今年春発売予定!


今泉沙友里
佐賀県出身シンガーソングライター
2005年より都内を中心にライヴ活動を行っている。
逆境をユーモアに、ポップなメロディと
ライヴMC中のオチのない小芝居が好評。



2018年2月26日(月)



<出演>
良元優作
(歌、ギター)

18:00 OPEN/19:30 START
2800円(オーダー別途)
予約受付は彦六へ


2018年3月4日(日)

喫茶 東京鼠
黒田玲兎 solo play 『白昼夢、零れる、』#4



<出演>
黒田玲兎
(歌、ピアノ)

13:00 OPEN/13:30 START
入場無料
※ワンドリンク以上のオーダーと出演者への投げ銭をお願いします
予約受付は彦六へ


-NEW!-
2018年3月10日(土)

〈スナックえみこプレゼンツ!
イーガル ミーツ Moja Head♪〉



<出演>
イーガル(歌&ピアノ)
ナベジ(歌&リゾネーターギター)

18:00 OPEN/19:00 1st Stage/20:00 2nd Stage
1200円(ワンドリンク&ちっちゃなおつまみプレート付き)
★入れ換え制ではないので、何時からでもどうぞ!
★出演者に、お気持ちの投げ銭をお願い致します。
予約受付は彦六へ


今回のゲストは…
まいど、〈スナックえみこ〉ではお馴染みになって参りました
面白ステキなピアニスト、イーガルさんと、
ロックなブルースなそしてMojaMojaの
ナベジさんをお呼びしました!
〈スナックえみこ〉もはや常連、
イーガル
さんは、こんな方↓

バークリー音楽院にて学位取得。作曲家。
作品が国内外のコンサートで演奏される一方、
バレエ、演劇、映画などにも音楽を提供。
作品展は既成のホールに留まらず様々な場所で行われ、
先鋭性と伝統性が共存する音楽が高く評価されている。
ソニーオーディオ大賞優秀賞、JSCM作曲賞入選など。

〈スナックえみこ〉初登場!
ナベジさんは、こんな方↓

1991年より東京を拠点に活動を続けるトリオロックバンド、
スランキーサイドのVo&Gを担当。
バンド(スランキーサイド)と並行してソロ活動も
ずっと続けてきたが、2013年にナショナルの
リゾネーターギターを手に入れ大いにハマる。
これをきっかけに、より本格的なブルース、カントリー、
ロックンロールをベースとしたスライドプレイでの
オリジナル【日本語ロッキンブルース】へと変化。
バンド(スランキーサイド)とは全く別の楽曲とスタイルにて
各地で精力的にライブ活動を展開中。



-NEW!-
2018年3月11日(日)

春が来たよ!【ほじゃらかぴー】
中田真由美と夏秋文彦


<出演>
中田真由美
(歌、ギター)

夏秋文彦
(ピアノ、鍵盤ハーモニカ、口琴、コンツォフカ、etc.)

18:00 OPEN/19:00 START
2500円(オーダー別途)
予約受付は彦六へ


中田真由美
歌い手
「感じたままに歌声と遊ぶ」映画や絵、人形など芸術コラボや
見つけた日常の素敵を独自の詩世界
あらゆる声色とともに表現し広げてゆく(たまにイラスト・文章も)
片岡翔監督・短編映画に楽曲提供・MV制作
2016年3月 全国発売 1stアルバム【はだかの音楽】


夏秋文彦
音楽家(ピアノ、鍵盤ハーモニカ、口琴、コンツォフカ、etc.)
鍵盤ハーモニカをはじめ数多くの楽器を操り、オリジナルの楽曲や
即興演奏を中心としたライブ活動を展開。
ソロライブそして数多くのミュージシャンとのコラボレーションをしながら、
日本はもとより世界各国で演奏活動を続けている。
伊那谷に棲む音の万屋。


-NEW!-
2018年3月16日(金)

「Sébukulélé セブウクレレ 花見 tour 2018


<出演>
Sébukulélé
(歌、ウクレレ) from Paris, France

オカッパーズ
こはる レレエモア
(歌&ウクレレデュオ)

モニムルズーメ with 森山潤一
(歌、ウクレレ)

18:00 OPEN/19:30 START
入場無料
※ワンドリンク以上のオーダーと出演者への投げ銭をお願いします
予約受付は彦六へ


Sébukulélé
パリ在住。80年代から色々な楽器を弾き始めるが、
2012年に東京へ旅行した際、偶然ウクレレに出会う。
この出会いをきっかけに、作曲に挑戦。
同時に、Velvet Underground やThe Cure、The Specials
などのロックグループの演奏も。
それらをパリのウクレレフェスティバルで弾き始めた。
2015年、新潟の「オープンマイク」に参加した際、
日本人がフランスの曲が好きなことを知る。
イヴ・モンタンやレオ・フェレ、そしてゲーンズブールなどの古い歌を、
自身のオリジナル曲と共にウクレレで演奏。


オカッパーズ
惑星OKPから来た宇宙人の二人組。
地球で聞いたウクレレの音色に心ひかれ、
ポップミュージックを歌うユニットを結成。
普段は宇宙人であることがバレないようにそれぞれ、
こはる、レレエモア ミイ、として暮らしている。

森山潤一
学生の頃からピアノと作曲を学びジャズピアノで横浜でライブ活動。
その傍らクラシックギターも演奏し30代でウクレレに出逢う。
ジャンルにとらわれないJazzyでPopな
エレクトロニックサウンドのウクレレオリジナルを持ち味にして
第7回キワヤ商会ウクレレコンテストのファイナリストに選ばれる。
2015年6月には三井達也先生の主催/経営する
ウクレレスタジオ七里ガ浜の横浜校をオープンし
講師を務めながらライブ活動を行い現在に至る。
現在はソロ活動と平行して、横浜ジャズプレーヤーをメンバーに
Macro Lei JAZZ(マクロ・レイ・ジャズ)を結成し
ウクレレのジャズバンドとして唯一無二のサウンドを目指し活動している。


2018年3月17日(土)

「おまつとまさる氏 vs 大谷氏&とっちゃん」

<出演>
おまつとまさる氏
(松倉如子:歌/渡辺勝:歌、ギター、ピアノ)

大谷氏&とっちゃん
(歌、ギター/歌、鍵盤)

18:00 OPEN/19:00 START
2000円(オーダー別途)
予約受付は彦六へ


2018年3月27日(火)

「お茶の間ボリウッド~インド映画団欒会
Swinging INDIA '60s~'70s ③」

第七回上映作品
インド映画史上最大のスーパースター、アミタブ・バッチャン主演作!
「DON」(1978年・英語字幕版)


<あらすじ>
おのれの欲望の為なら情けも容赦もない、冷徹な二枚目、悪の帝王・ドン。
姉の命を奪われた復讐のため、女はドンの組織に入り込み、
有能な手下を務めながら、ドンを殺す機会を探る。
ある日ドンは警察に追われカーチェイスの末、瀕死の重傷を負う。
手下たちは病院からドンを奪還するが、ドンはあらゆる記憶を失っていた…

劇中歌「Yeh Mera Dil」
組織から足を洗おうとした男は、裏切り者としてドンの手により消された。男の婚約者は復讐のため色仕掛けでドンに近付き、居場所を警察へ内通する。

劇中歌「Khaike Pan Banaraswala」
追手を逃れて下町のお祝いの席に紛れ込んだドンは、久し振りに口にしたパーン(噛みタバコ)とドブロクに浮かれて、陽気に歌い踊りだす。

 

19:00 OPEN/19:30 START
※途中休憩あり、22:30頃終演予定

入場料:500円(日本語解説書付き)
※飲み物・軽食の販売あり
予約受付は彦六へ



-NEW!-
2018年4月1日(日)

蜂鳥あみ太のパクチーシャンソンランチショー
「パクシャン2018〜食べ頃パクチー三昧ランチの宴〜」


<出演>
出張シャンソニエ倫巴里
蜂鳥あみ太=4号
笠原麻矢(acc)

12:00 ランチSTART/13:00 演奏START
限定15席!
この日のステージはランチタイムの後に長めのワンステージとなります!

パクチー三昧プレート&ワンドリンク付コース 3500円
ワンドリンクのみ付コース 2600円
※御予約の際にフードの有・無をお選び下さい!

予約受付:
イベント名と予約名・枚数・ご希望のランチセットの有無をご明記のうえ
susugu.hachidori4@gmail.com
※御予約は折り返し返信が来て確定となります。
スマートフォンの方は届かない場合がありますので必ず事前にメールアドレス指定受信設定をお願いします。

・蜂鳥あみ太=4号
悪魔の捨て子の異名を持つ、全身網タイツの地獄シャンソン歌手。
特技は大声と裸。
ライブハウスでの出演の他、フェティッシュな装いにキャバレーソングを引っ提げて喫茶店やギャラリー・SMサロン等のパーティーでも活動中。
「シャンソンは三分間のドラマ、その内訳は1分間の殴り合いと1分間のセックス、残りの1分間は爆破シーン」をモットーに今日も地獄に潜伏中。
好きな食べ物はカントリーマアム(バニラ味限定)。
・笠原麻矢(acc)
シャンソンブルースデュオSOZORO(そぞろ)にてアコーディオン演奏を開始。
現在オリジナルからミュゼット、タンゴ、ワルツなどをレパートリーとするアコーディオン姉妹ユニット「はだか姉妹」や
ロマ(ジプシー)音楽を演奏する多国籍ユニット「ザ・ロマンビーツ」として活動中。
また全身網タイツのシャンソン歌手「蜂鳥あみ太=4号」の演奏サポートとして音響機材のないカフェ・ギャラリー等各地にて生声生音ライブを開催中。


ライブ(ギターアンプ1・マイク2・譜面台2・電子ピアノ・アコギ・三線常設)、
展示会、フリーマーケットなどの店内イベント、
貸切りパーティ承ります
カウンター7席+テーブル3席+ちゃぶ台8席あり


過去のイベント2018
過去のイベント2017
過去のイベント2016
過去のイベント2015
過去のイベント2014
過去のイベント2013
過去のイベント2012
過去のイベント2011
過去のイベント2010
過去のイベント2009
過去のイベント2008
過去のイベント2007
過去のイベント2006
過去のイベント2005


home

HOME