大陸バー 彦六 event

過去のイベント/2017


2017年10月8日(日)

「メカエルビス生誕祭」


<出演>
メカエルビス
(ギター弾き語り) from サイバーニュウニュウ


<ゲスト>
キヨミちゃん+忍者+ラマ様(ASTRO-B)
黒沢伸
(宮尾すすむと日本の社長)
英太郎ちゃん


18:00 OPEN/19:00 START
入場無料
※ワンドリンク以上のオーダーと出演者への投げ銭をお願いします


2017年10月7日(土)

「大人の収穫祭」吉野勝巳とハル宮沢

<出演>
ハル宮沢(歌、ギター)
from
コスモポリタン・カウボーイズ

吉野勝巳(歌、ギター)
from
ザ・シダルマカバー
ex.突撃ダンスホール

18:00 OPEN/19:00 START
1000円(オーダー別途)


2017年10月6日(金)

鼻ホームランの森 presents
『サンデイチルドレンvol.21〜あのひのね、あのかおり2〜』



<出演>
鼻ホームランの森
(山下健太:歌、ギター/松岡仁美:ピアニカ/ゆりんぐ☆:コーラス/みー:ベース)

登坂尚高(歌、ギター)
坂口みと
(歌、ギター)
東京ディスティニーランド
(ひとり芝居)

18:00 OPEN/19:30 START
入場無料
※ワンドリンク以上のオーダーと出演者への投げ銭をお願いします


2017年10月4日(水)

「アフリカ・マコンデ族の音楽と文化交流ツアー
シンガー "ナジャ"東京公演」

<出演>
Nadja
(歌、ギター) from モザンビーク

Farafina
(YacoubaDiabate:コラ/ake3:バラフォン)

彗星trio☆AC
(ヨシノスイセイ:シタール/SHIORi:唄、ハルモニウム/こさと:タブラ)

18:00 OPEN/19:30 START
1500円(オーダー別途)


Nadja(ナジャ)
モザンビーク共和国マコンデ族。ギタリスト&ボーカリスト
5歳までモザンビークの内戦に巻き込まれつつも、
モザンビークを代表するミュージシャンである故・Nangundo(ナングンド)により、
音楽と舞踏に囲まれた環境で育つ
マコンデ族の伝統と精神をコアにして、民族の誇りや社会問題、
スラムの日常をテーマに作詞作曲し歌い上げ、
隔年行われるモザンビーク最大規模の音楽祭での公演や、
政府の社会貢献イベントでの演奏等、精力的に活動を展開
今回の来日直前にはモザンビーク大統領夫人とスワジランド王妃のセレモニーでも演奏を行ない喝采を博した


Farafina(ファラフィナ)
その昔、グリオにより演奏され、西アフリカの王様が聞いていた
優雅で美しいアフリカン・ハープ「コラ」の繊細な響き、
そして、伝統的なメッセンジャーの役割をも果たしてきた木琴の原型でもある
「バラフォン」の暖かくリズミカルな音色
西アフリカの歴史やたくさんの知恵の詰まった曲を、コラとバラフォンのduo編成で奏でます。

彗星trio☆AC
インド楽器シタール、タブラ、ハルモニウムを中心にしたバンド、
サイケなオリジナル曲〜インド各地民謡、古典等幅広く演奏します
タブラのこさとは、彦六月1イベント"お茶の間ボリウッド"にも出演中


2017年10月2日(月)

「ふみあはせ~第十幕~」
~雨本ふみと仲間たちのちょっぴロックな歌合せ


<出演>
雨本ふみ
(歌、ギター)

幻一郎
(叩き語り)

18:00 OPEN/20:00 START
入場無料
※ワンドリンク以上のオーダーと出演者への投げ銭をお願いします


2017年9月30日(土)

〈スナックえみこプレゼンツ!妖しあやかしコトバに溺れる夜♪〉


<出演>
近童弐吉
(朗読)

雪月花
(演読)

18:00 OPEN/19:00 1st Stage/20:00 2nd Stage
1200円(ワンドリンク&ちっちゃなおつまみプレート付き)
★出演者に、お気持ちの投げ銭をお願い致します。


まいど、多才・多彩なゲストをお呼びしているステキなParty♪〈スナックえみこ〉
この度は、彦六に初登場の2組!
趣深く、ステキな方々をお呼びしました!

映画に舞台に(時々TVに)大活躍の、近童 弐吉さん。
プロフィールはこちら

演読ユニット『雪月花』 (せつげつか)
演読=演奏×読む×演じる。
紀子(朗読・詩作)の詩と、朱音(ギター・作曲)の旋律の二重奏。
美しき季節の移ろいを語り、変わりやすき心の移ろいを謡う。
それぞれのソロ活動をバックボーンに弾き語りとも朗読とも異なる世界観を描く。
ユニット名は白居易の詩『雪月花の時、最も君を憶ふ』の一節より命名。


2017年9月29日(金)


<出演>
ナオユキ
(漫談)
sujiko sumoguri
(國木まちこ:歌、アコーディオン、のこぎり/河野広明:トロンボーン、フルート、サルート)

18:00 OPEN/20:00 START
2000円(オーダー別途)


2017年9月26日(火)

「お茶の間ボリウッド~インド映画団欒会
BOLLYWOOD NOW '00s~'10s ①」
第三回上映作品 インド版Shall We Dance?!
「Rab Ne Bana Di Jodi」(2008年・英語字幕版)


<あらすじ>
堅実で優しいだけが取り柄のスーリは、恩師の娘で奔放なターニに一目惚れ。
父の遺言に従い二人は結婚するが、ターニはスーリを愛せず、ぎこちない生活が続く。
ある日ターニがダンス教室に通い始めると、スーリは陽気なダンサー・ラージに変装し、
ターニとコンビを組んでコンテストを勝ち進む。
正体に気付くことなく、ターニは夫よりもラージに惹かれていってしまうのだが…

予告編
劇中歌「Tujh Mein Rab Dikhta Hai」

19:00 OPEN/19:30 START
※途中休憩あり、22:45頃終演予定

入場料:500円(日本語解説書付き)
※飲み物・軽食の販売あり


2017年9月24日(日)

喫茶 東京鼠「銀河鉄道の昼」


<出演>
馬野ミキ(歌、ギター)
Anti-Trench(朗読:向坂くじら/Gt:熊谷勇哉)
ジュテーム北村(朗読)
ちひろ(朗読)

12:00 OPEN/13:30 START
1200円(オーダー別途)


「銀河鉄道の昼」
毎月最終日曜日開催※12月のみ日程変更


2017年9月21日(木)

「九月二十一日の双眼鏡」


<出演>
堀孝輔 from みずすまし
(歌、ギター)

たなかけんすけ
(歌、ギター)

18:00 OPEN/19:30 START
入場無料
※ワンドリンク以上のオーダーと出演者への投げ銭をお願いします


2017年9月10日(日)


<出演>
片岡フグリ
(歌、ギター) from エレファントノイズカシマシ

ジャンプス
(鈴木良典:ギター from s.u.z.u.k tultuuga ockestla/荒川淳:ビオラ from ReddTemple)

14:00 OPEN/14:30 START
1000円(オーダー別途)


2017年9月8日(金)

「田舎の暮らし」

<出演>

(歌、ギター)

あべあいこ
(歌、ギター)
石塚保宏(クラリネット)

18:00 OPEN/19:30 START
1500円(オーダー別途)


(りん)
神奈川県出身石垣島在住。
東南アジア、ヨーロッパの旅の末、石垣島に流れ着きました。
小さな暮らしの中でできる、小さなうたをうたっています。
ふあんになったり、自分をうたがったりすることもあるけれど、
そのままでだいじょうぶ、だいじょうぶってうたいたい。私自身に、みんなに。
色を塗ったり、ご飯作りが好き。


2017年9月4日(月)

〈スナックえみこプレゼンツ!畳の上でShowTime!〉


<出演>
Yo-Yo Entertainer TOMMY
(ヨーヨーパフォーマンス)

HURDY GURDY
(ヨースケ:歌、ギター/トトキ:コントラバス)

18:00 OPEN/19:30 1st Stage/20:30 2nd Stage
1200円(ワンドリンク&ちっちゃなおつまみプレート付き)
★出演者に、お気持ちの投げ銭をお願い致します。


まいど、ステキなゲストをお招きしております楽しいPARTY〈スナックえみこ〉!
この度のゲストは、お久しぶりのYOYO Tommyくん!
そして、(1974年からやってきた!?)ウッドベース&ギターのユニット、
HURDY GURDY(ハーディーガーディー)さんが初登場!
全く異なる気がするアーティストの共演…いえ、饗宴…
まるで、2軒ハシゴしたかのようなお得感!?
とびっきりの夜になりますよっ♪


Yo-Yo Entertainer TOMMY


HARDY GURDY
ヨーヨー暦は15年以上、世界でも数少ないヨーヨーのプロパフォーマー。
2004年にWorld Yo-Yo Contest 「Artistic Performance Division」にてヨーヨーとパントマイムを融合した独創的な作品で世界チャンピオンになり、そのパフォーマンスは国内外問わず高い評価を受けてい る。
Entertainment Duo SPINATIONとして2013年、2014年にWorld Yo-Yo Contest 「Artistic Performance Division」世界チャンピオンになり同部門として初の連覇を成し遂げる。
2007年~2011年には舞台マッスルミュージカルに 出演。その表現力が認められ数多くの作品でメインキャラクターを好演。また半年に渡るアメリカ・ラスベガスでホテルのショーにも出演。ヨーヨーという誰もが知ってい る道具をハイレベルな技術と表現力で魅せるパフォーマンスは多くの観客を魅了している。
シルク・ドゥ・ソレイユ登録パフォーマー。
東京都公認ヘブンアーティストライセンス保有。

ソングライターのヨースケとコントラバスのトトキが創り出すアコースティック・サイケデリック・ワンダーランド。

オリジナル曲では、絵本、童話などの世界を思わせる詩で幻想的なイメージを創造し、カバー曲では、往年のロックの名曲を日本語意訳して旧曲に新たな空間を再構成する。

2014年夏より活動開始。



2017年9月3日(日)

「ふみあはせ~第九幕~」
~雨本ふみと仲間たちのちょっぴロックな歌合せ


<出演>
雨本ふみ
(歌、ギター)

中田真由美
(歌、ギター)

18:00 OPEN/19:00 START
入場無料
※ワンドリンク以上のオーダーと出演者への投げ銭をお願いします


2017年8月29日(火)

「お茶の間ボリウッド~インド映画団欒会
BLOCKBUSTERS! '80s~'90s ①」
第二回上映作品 ラブストーリー映画の金字塔!
「Dilwale Dulhania Le Jayenge」(1995年・英語字幕版)

<あらすじ>
共にロンドン育ち、厳格な家庭のお嬢様シムランと、お調子者のラージは、
卒業旅行先のヨーロッパで出会い、強く惹かれあう。
しかしシムランは親が決めた相手と結婚するため、父の故郷インドへ渡ってしまった。
後を追うラージは、結婚相手としてふさわしいのは、許嫁ではなく自分であると、
親に認めてもらえるよう作戦を練る。
結婚式までの準備が急ピッチで進む中、果たして二人は結ばれるのか…

予告編(2014年版)
劇中歌「Tujhe Dekha Toh Yeh Jaana Sanam」

19:00 OPEN/19:30 START
※途中休憩あり、22:45頃終演予定

入場料:500円(日本語解説書付き)
※飲み物・軽食の販売あり


2017年8月27日(日)

喫茶 東京鼠「銀河鉄道の昼」

 

<出演>
馬野ミキ(歌、ギター)
松本敏将(歌、ギター)
いまお(朗読)
北村明洋(朗読)

13:00 OPEN/14:00 START
1200円(オーダー別途)


「銀河鉄道の昼」
毎月最終日曜日開催※12月のみ日程変更

2017年8月24日(木)


<出演>
あべあいこ
(歌、ギター)

法橋ハジメ
(歌、ギター)

18:00 OPEN/20:00 START
1500円(オーダー別途)


2017年8月23日(水)

「アイリッシュコーヘイと藤田まゆみとフィノッキオ」

<出演>
アイリッシュコーヘイと藤田まゆみ
(ギター、アコーディオン、歌)

フィノッキオ
(高橋まりす:歌、ウクレレ/エフィー:テューバ)

18:00 OPEN/20:00 START
1500円(オーダー別途)


2017年8月21日(月)

~ちひろとゆうたしん、2人は仲良し vol.2~

<出演>
おおきたちひろ
(歌、ウクレレ、ピアノ)

古屋敷裕大
(歌、ギター)

18:00 OPEN/19:30 START
1500円(オーダー別途)

古屋敷裕大
青森県出身・在住のシンガーソングライター。
昨年、ソロミニアルバム『Old House』を発売し、
ラジオ番組 『古屋敷裕大のうたうラジオ』をスタート。
日本酒好きからは、大吟醸の歌声といわれている。


2017年8月14日(月)

石指拓朗お盆の投げ銭ワンマンライブ
~感謝の意を込め先祖供養の儀~


<出演>
石指拓朗
(歌、ギター)

18:00 OPEN/19:30 START
入場無料
※ワンドリンク以上のオーダーと出演者への投げ銭をお願いします


2017年8月9日(水)

「Missing Link vol.1.5 投げ銭ライブ」


<出演>
辻村マリナ
(歌、ギター)

ゲスト:長崎リサ(このよのはる)
パーカッション:たひ

18:00 OPEN/20:00 START
入場無料
※ワンドリンク以上のオーダーと出演者への投げ銭をお願いします


2017年8月6日(日)

「一夜干ばるたん 歌の旅 昭和終わりに生まれきて」


<出演>
一夜干ばるたん
(歌、ギター)

18:00 OPEN/19:00 START
入場無料
※ワンドリンク以上のオーダーと出演者への投げ銭をお願いします


2017年7月31日(月)

「早川義夫ライブ」



<出演>

早川義夫

(歌、ピアノ)

18:00 OPEN/20:00 START
2500円(オーダー別途)



2017年7月28日(金)

「from PARIS to TOKIO ウクレレミーティング」

Aloha Bonjour Encore!
フランス・パリ在住のウクレレ弾き、Sébukuléléをお迎えし
東京を拠点に活躍するウクレレ奏者たち
フリーマイクに参加のお客様たちとで
一期一会のミーティングを


<ミニライブ出演>

Sébukulélé歌、ウクレレ) from Paris, France
角森隆浩(歌、ウクレレ)
machiko*maui歌、ウクレレ)
フランソワーズと猫輔(歌、ウクレレ、バイオリン)

18:00 OPEN/19:30 START
入場無料
※ワンドリンク以上のオーダーと出演者への投げ銭をお願いします


Sébukulélé
パリ在住。80年代から色々な楽器を弾き始めるが、2012年に東京へ旅行した際、偶然ウクレレに出会う。
この出会いをきっかけに、作曲に挑戦。
同時に、Velvet Underground やThe Cure、The Specialsなどのロックグループの演奏も。
それらをパリのウクレレフェスティバルで弾き始めた。
2015年、新潟の「オープンマイク」に参加した際、日本人がフランスの曲が好きなことを知る。
イヴ・モンタンやレオ・フェレ、そしてゲーンズブールなどの古い歌を、
自身のオリジナル曲と共にウクレレで演奏。


2017年7月26日(水)


<出演>
やもと問唔
(歌、ギター)

なべ虹魚
(歌、ギター)

辻村マリナ
(歌、ギター)

18:00 OPEN/19:30 START
2000円(オーダー別途)


2017年7月25日(火)

「お茶の間ボリウッド~インド映画団欒会 Swinging INDIA '60s~'70s ①」


<上映作品>
「Yaadon Ki Baaraat」(1973年・英語字幕版)

<あらすじ>
幼くして両親を強盗殺人犯に襲われ、散り散りになってしまった三兄弟。
長男は盗人、次男は恋に生きる若者、三男はロックスターへと、
成長してそれぞれ違う境遇に生きる三人は、
何度か顔を合わせることになるのだが、お互いに気付かない。
やがて長男は、悪の親玉から請け負った仕事のために、
三男が出演するショウを見に来た次男の恋人を誘拐する…。

19:00 OPEN/19:30 START
※途中休憩あり、22:30頃終演予定

入場料:500円(日本語解説書付き)
※飲み物・軽食の販売あり


2017年7月18日(火)

『木下弦二プレゼンツ 私の好きな歌〜西から東から〜』


<出演>
佐藤幸雄
(歌、ギター) from すきすきスウィッチ、佐藤幸雄とわたしたち

藤井邦博
(歌、ギター)from 魚座

木下弦二
(歌、ギター) from 東京ローカル・ホンク

18:00 OPEN/19:30 START
2000円(オーダー別途)


佐藤幸雄
70年代末より人前での演奏を始める。「すきすきスウィッチ」「PUNGO」「くじら」のオリジナルメンバー。
80年代、テレグラフよりすきすきスウィッチ「忘れてもいいよ」上梓。
個人名でのギターと歌。田中泯主催の舞塾で学ぶ。
音楽プロデュース作品も幾つか(須山公美子、割礼、等)。90年代初め「絶望の友」の後、長い隠遁。
2011年、人間関係と生活を立て直すうちに「歌と演奏など」が再開。
2013年「すきすきスウィッチ」として新作CDを3枚同時発売後、
現在はひとりで、あるいは「佐藤幸雄とわたしたち」を率いて活動中。
2016年10月、都内の某所で「基本毎日」行ったライブの記録を一曲入りCD-RW24枚組「名前はまだない」として作成。
毎瞬毎瞬、歌を立ち上げるため、全力できちんとしようとしております、が。

藤井邦博
北九州市小倉在住。2000年頃から魚座というバンドで活動している、ソロでの演奏も多い。
ソロではオーセンティックな日本語フォークの影響を見せつつ、
風変わりな歌詞と旋律を中心にすえた曲作りで活動中。
ソロで「enjoying the night」「カナリア」「本を読まなくちゃ(ライブ録音)」の3つの作品、
「メルヒェン地獄」「魚座の世界」などバンド名義でも8つの作品を発表している。

木下弦二
1964年生まれ東京出身。ロックバンド 東京ローカル・ホンクの歌、ギター、全曲の詞/曲を担当。
2015年に初のソロアルバム「natural fool」発表。
2012年に福島の原発事故を受け、家族と共に福岡に移住。
ソロ、バンドを問わず、福岡、東京、京都や名古屋などでもライブを展開中。
「この時代、誰もが気づかずに感じている哀しみ、それはやり場のない怒りに裏打ちされている。
弦二さんの歌はさり気なく、そんな私たちの心を解きほぐしてくれる。」谷川俊太郎


2017年7月15日(土)



<出演>
吉野大作
(歌、ギター)

18:00 OPEN/19:00 START
1500円(オーダー別途)

吉野大作
1951年生まれ、横浜を中心に40年近くに渡って活動を続ける作詩・作曲家、ロック・シンガー。
メジャー、インディーズ合わせて18 枚のアルバムをリリース。
アシッドフォークな「吉野大作の少年時代」(73年)「ランプ製造工場」(74年)発表、
80年代、吉野大作&プロスティテュートで活躍、
フリーキーでスリリングなロックの名盤「死ぬまで踊り続けて」「後ろ姿の素敵な僕たち」を発表
プロスティテュート以前からの仲間を再結集させた、吉野大作&後退青年でブルース/ロックンロール回帰。
近藤等則、石塚俊明、ロケット・マツ、飛兎楽団らとのコラボ、
映像とサウンドの融合を目指したイベントや、詩人とのライヴ・セッションなど
様々な実験的試みにも挑戦し幅広い表現活動を行う。
現在は、主にソロで独特の詩世界を描いた「唄」を歌い続けている。
最新アルバムは「あの町の灯りが見えるまで」(ディスクユニオン) 2012年2月発売。


2017年7月12日(水)

「樹海の黒子」



<出演>
保利太一
(ギター弾き語り)

中川樹海
(三線弾き語り)

18:00 OPEN/19:30 START
入場無料
※ワンドリンク以上のオーダーと出演者への投げ銭をお願いします


2017年7月10日(月)

「カシオトーン落語とアコーディオン会」

<出演>
八十八サチヲ
(カシオトーン弾き落とし)
<共演>森田万里子(フルート)

田ノ岡三郎
(アコーディオン)

18:00 OPEN/20:00 START
入場無料
※ワンドリンク以上のオーダーと出演者への投げ銭をお願いします


八十八サチヲ
齢(よわい)四十にして、突如として落語に神憑(がか)り。
本業のジャズライブ中、三木助の「芝浜」が口をついて出て周囲を混乱に陥れる。
もはや落語廃人になる一歩手前であったが、愛妻の助言によりキーボード落語家として立ち直ろうと決意。
2011年より高座を開始。今までおろしたネタは20席以上。吉原モノ、艶笑系の噺に本領を発揮する.。
日本唯一の「カシオトーン弾き落とし」落語家として独自の世界を展開。
他の追随を許さない。というか誰も追随してない。

田ノ岡三郎
東京を拠点に全国津々浦々(時に海外)で活動を続ける「旅するアコーディオニスト」。
千葉県出身。自身のルーツは和歌山県田辺市。
音大卒業後に独学でアコーディオンを弾き始め、後にパリにてダニエル・コラン氏に師事。
様々なジャンルのアーティストのRecording(CM音楽、映画やドラマのサウンドトラック等も多数)
及びライブ、イベント出演などで活躍し、舞台やTVへの出演も多数。
歌うように奏であげる音色には定評がある。
自身のオリジナル曲を中心にこれまでに5作のソロアルバムを発表。
favorite:気ままに旅すること。特に鉄道の旅が大好き!
こよなく旅を愛するがゆえ、電車内や豪華客船などの「動くステージ」でのパフォーマンスも多く経験。
最小編成であるアコーディオンソロでのアンプラグド・ライブも
ライフワークとして各地のカフェ等で精力的に行っている。


2017年7月9日(日)

「ひと夏かぎりの大人のトークショー」吉野勝巳とハル宮沢

<出演>
ハル宮沢(歌、ギター)
from
コスモポリタン・カウボーイズ

吉野勝巳(歌、ギター)
from
ザ・シダルマカバー
ex.突撃ダンスホール

18:00 OPEN/19:00 START
1000円(オーダー別途)


2017年7月5日(水)


<出演>
ペーソス
島本慶(歌・ハーモニカ)
米内山尚人(ギター)
スマイリー井原(専属司会)
近藤哲平(クラリネット)

松井文(歌・ギター)
種石幸也(b)
ハラナツコ(sax)

18:00 OPEN/20:00 START
2000円(オーダー別途)


2017年6月30日(金)


<出演>
OMO YOKO
おもたにせいじ(ウクレレ、スラッキーギター、歌)
松田ようこ(ウクレレ、スラッキーギター、歌)

Apple Geeta
Akiko☆sitar(Sitar & Vocal)
George★kigawa(Guitar & Vocal)

18:00 OPEN/19:30 START
2000円(オーダー別途)


OMO YOKO
おもたにせいじと松田ようこによるウクレレ・デュオ
ウクレレ2本で、ときにはスラックキー・ギターに持ち替えて、
ビートルズを始めとするロック&ポップスのほか
ジャズ、ブルース、ハワイアン等を演奏。
ウクレレらしい繊細さだけでなく、骨太なビート、ブルージーなソロなど、
多彩なアレンジはウクレレの世界を大きく広げている。
デュオ名「おもようこ」は2人の名前を合わせたもので、
2012年よりライブハウス等で活動。

Apple Geeta
インド音楽演奏家・シタール奏者Akiko☆Sitarが
ギタリストの町田万象房主を従えて突き進むラーガ・ロックデュオ。
Apple Geetaとは「リンゴの詩(うた)」。
結成のきっかけはもちろんThe Beatlesへのトリビュート。
2ndアルバム『ONENESS』全国CD店で発売中!


2017年6月28日(水)

「ふみあはせ~第八幕~」
~雨本ふみと仲間たちのちょっぴロックな歌合せ


<出演>
雨本ふみ
(歌、ギター)

ハルコフヲン
(歌、ギター)

18:00 OPEN/20:00 START
入場無料
※ワンドリンク以上のオーダーと出演者への投げ銭をお願いします


2017年6月25日(日)

「めめちゃん サンキュー(産休)祭!」夜の部


<出演>
めめとウエッコ
めめ(歌、スチールパン)
ウエッコ(歌、ギター、ウクレレ)

18:00 OPEN/19:00 START
入場無料 ※めめ式投げ銭制



めめとウエッコ
ザッハトルテのギター担当ウエッコと、スティールパン弾きめめのおきらくユニット。
ビールやコーヒーはもちろん、なんとクリームソーダにも合う夫婦漫談系ミュージック!?
めめとウエッコ、産休前のラストライブ「サンキュー祭!」



2017年6月25日(日)


<出演>
古澤ひかり
(歌、ギター)


こもりうた
こもりうた(歌、ギター)
晴歌(コーラス、パーカッション、トイピアノ)

12:00 OPEN/13:00 START

1600円(ワンドリンク付き)
2100円(ワンドリンクと「喫茶 東京鼠」のハーフカレー付き)
+300円でカレーをフルサイズに出来ます


古澤ひかり
アコースティックギターを弾き自作の歌をうたう。
2006年スザクミュージックより1stアルバム「バラは咲き」リリース
ねじれたポップをあるままのクラシカルなメロディにのせ、独自の世界観を歌う。



2017年6月22日(木)


<出演>
sujiko sumoguri
國木まちこ(歌、アコーディオン、のこぎり)
かんのとしこ(アコーディオン)

DOSAMA
関島種彦(バイオリン、マンドリン)
大野慎矢(アコーディオン、ガイダ[ブルガリアンバグパイプ]、笛)
宮坂洋生(ウッドベース)

18:00 OPEN/20:00 START
2000円(オーダー別途)


DOSAMA
日本の古き民俗文化の一端を担っていた坊様、門付け、瞽女などの芸人達や、
東欧~バルカン半島周辺の生命力溢れるフォークロア音楽とロマ(ジプシー)音楽、
そして1970年代にフランスのリヨンで発足した『ARFI:想像的民俗音楽探求協会』の創造性に倣って、
かつて私達の生活の身近な場所にあった音楽や、その深い記憶の源泉を辿ります

かんのとしこ
大阪在住。どんな場所でも、身軽にアコーディオンの音色をお届けします。
目から、耳から、クルクルと動き回る生の音を感じて頂けますように・・・
演奏活動の他、演劇音楽、バレエの生演奏、即興劇や即興ダンス音楽など、
多ジャンルとの共演・楽曲制作も。
2016年8月に「ばらとミツバチ(バンド編成)」と「ツバメとあじさい(1人っきり)」の
2作のアルバムリリース。(iTunesでも発売中!)
2017年より、アルバム制作メンバー総勢9名のバンド「菅野稔子とRyokan DA ファミリー」始動。

sujiko sumoguri (國木まちこ)
2007年 うたとノコギリを武器に、
アコーディオン、テルミン、クラリネット、ウッドベースを引き連れ楽団「わをん」結成。
のんびりと活動。照れ屋の目立ちたがりな性格を、存分に発揮。
後に1枚のCD-Rと、2012年にはミニアルバム『残像』を全国リリース。小さなツアーも敢行。
2013年、兼ねてから敬愛していたルーマニアのロマの音楽団 タラフドゥハイドゥークスの
メンバー宅に突撃訪問、自分のためだけに奏でられた音を聞き、色んなものが削ぎ落とされる。
帰国後しばらくし、友人であったブルースマン トミーブギーと共に「トミーブギー と 國木まちこ」結成。
2014年には初めてのフルアルバム『ごひいきに』をリリース。
2016年よりアコーディオンを担いで歌い始める。
2017年よりライブごとにメンバーが入れ替わる流動的ユニット『sujiko sumoguri』結成。
自身の世界を絶賛拡大中。


2017年6月21日(水)



<出演>
Zaitohzaya
さや fromテ二スコーツ
斉藤友秋


18:00 OPEN/20:00 START
入場料金:自由制(要オーダー)


Zaitohzaya
さや(テニスコーツ)と斉藤友秋による、手探りの音楽。
頭の隅に置きっ放しの音群を新たな思い付きで包む。



2017年6月10日(土)

「ロック訳詩集」

<出演>
佐藤幸雄(歌、ギター)
from 佐藤幸雄とわたしたち、すきすきスウィッチ

杉林恭雄(歌、ギター)
from くじら

18:00 OPEN/19:00 START
2000円(オーダー別途)


「うたいはじめたのはロックをきいたからだ」

洋楽を日本語に置き換える作業は、日本でSPレコードが作られたのと同時に始まっている
1928年、昭和三年のことだ
心が動かされたメロディや声音に新しい日本語をのせてこちらに引き寄せることは
うたごころの正しいありようだと思う
ずいぶんたくさんのロックを聴いてきた
それらを日本語で歌いなおす試みに限定して
彦六という空間を歌でみたしてみたいと、始めてみる
ここにはフルバンドが入れないからこそ
歌の持つちからだけで、この場所を駆り立てなければならない

洋楽カバーと呼ばずに「ロック訳詩集」
主旨に賛同してくれた第一回のゲストは杉林恭雄
佐藤幸雄
サイモンとガーファンクルは「と」が大事。
僕らの音楽って感じがする。「&」じゃよそよそしい。
さてさて、『ロック訳詩集』とは?
杉林恭雄


2017年6月9日(金)

~ちひろとゆうたしん、2人は仲良し~

<出演>
おおきたちひろ
(歌、ウクレレ)


古屋敷裕大
(歌、ギター)

19:00 OPEN/20:00 START
1500円(オーダー別途)


古屋敷裕大
青森県出身・在住のシンガーソングライター。
昨年、ソロミニアルバム『Old House』を発売し、
ラジオ番組 『古屋敷裕大のうたうラジオ』をスタート。
日本酒好きからは、大吟醸の歌声といわれている。


2017年6月7日(水)

「めめこの部屋・17」

<出演>
memeko
(歌、ギター、クラリネット、ほか)

モロコシボーイズ
みうらけいた・京都府京丹後市出身
はだげやまふろし・秋田県男鹿市出身
田舎くささ爆発満点アコーステックデュオ

18:00 OPEN/20:00 START
1000円(オーダー別途)


2017年6月6日(火)

【すっとんきょうの恩返し】


<出演>
石川浩司
(歌、ギター、パーカッション)


ふやよみ

(青木薫:ギター/あおきさとみ:歌)

18:00 OPEN/20:00 START
2500円(オーダー別途)


【すっとんきょうの恩返し】

むかしむかし、
すっとんきょうたちも、そうでないものたちも、
みんなデコボコしながら愛しあい助けあい、
恩を返し返されてウホウホと生きていました。
その循環は何百年何千年と紡がれて、
2017年の高円寺へとつながりましたとさ。

そんなこんなで、
奄美大島からやってきた謎の夫婦ユニットふやよみと
愛あふれる珍魂・石川浩司さんが、
時空を超えて高円寺の大陸バー彦六で出会い、
すっとんきょうな夜を奏でることになったのです。

さあタイヘン!
ぜひいらしてください候。

石川浩司
バンド「たま」では、ランニング姿でパーカッション、ボーカルを担当していた。
現在は、ソロでギター弾き語りや、バンドでは「パスカルズ」、「ホルモン鉄道」、「イシマツ」などで活動中。
灰野敬二からふなっしーまで、ジャンルを超えた様々なアーティストとのセッションも多い。
映画や舞台などにも役者として時折出演し、異彩を放っている。

ふやよみ
奄美大島在住の青木薫とあおきさとみ(旧・はたさとみ/ソラネコ・月ネコ)による手作り音楽ユニット。
青木薫のギターが奏でる音のせせらぎの中で、あおきさとみがバシャバシャ水遊び。
日々の暮らしの中でみつけた小さな物語をうたにしています。



2017年6月4日(日)

「第一回エフィフェス!~エフィーちゃん祭り・カレー付き」


<出演>
エフィー
(テューバ)


<デュオ演奏>
フィノッキオ
with 高橋まりす
(歌、ウクレレ)

まさかのデュオ
with 加藤仁史
(歌、ギター)from カトマンズ

東京ナノボ-イズ
with 矢口ヒサシ
(テューバ、ウクレレ、歌)
from 東京ナンセンスボーイズ

18:00 OPEN/19:00 START
3000円(ハーフカレー&ワンドリンク付き)
※+400円でフルサイズカレーに変更できます


2017年6月3日(土)


<出演>
てあしくちびる
くっちー(ボーカル、バイオリン、他)
kawauchi banri(ボーカル、アコースティックギター)

JON(犬)
(歌、足踏みオルガン)

18:00 OPEN/19:00 START
2000円(オーダー別途)

てあしくちびる
バイオリン×アコースティックギター×声×声
2ピースカーニバルバンド「てあしくちびる」
hiphopの肉体性と、現代詩の意欲と、童謡の親しみやすさを併せ持つ。
地方都市の閉塞感をぶった切るエッジの効いた言葉・ビート。
変則編成から練り出されるアンサンブルと、独自のグルーヴが
クセになる不協和音をまとい、ラップと歌の境界を突っ走る。


2017年5月28日(日)


<出演>
伊藤淳
(歌、三線)

なべ虹魚
(歌、ギター)

おおきたちひろ
(歌、ウクレレ)

18:00 OPEN/19:00 START
1500円(オーダー別途)


2017年5月27日(土)

〈スナックえみこプレゼンツ!畳の上で知念大地!vol.2〉


<出演>
知念大地
(ギター弾語り/踊り)

ゆたか(ギター弾語り)

18:00 OPEN/19:00 ゆたか弾語り/19:30 知念大地live

入場料:1200円
(スナックえみこのおつまみ3種とワンドリンク付)

※出演者へお気持ちの投げ銭をお願いいたします


高円寺びっくり大道芸にも毎年出演されていたパフォーマー、
知念大地さんをお呼びして、楽しいPartyを開催します!
歌、踊り、ブレイクダンス…
畳の上で楽しいShow Time♪
知念大地さんのお友達、ゆたかさんも弾き語りをしてくださるそうです


2017年5月24日(水)

「ととちゃん上京物語」


<出演>
田渕徹
(歌、ギター)


18:00 OPEN/20:00 START
2000円(オーダー別途)


2017年5月20日(土)

「from 石川 to 東京 ウクレレミーティング」


石川県のウクレレ事情を盛り上げる第一人者・にっしぃをお迎えし
東京を拠点に活躍するウクレレ奏者たち
フリーマイクに参加のお客様たちとで
一期一会のミーティングを


17:30 OPEN/18:30 START
600円(ワンドリンク付き)※ミニライブ出演者への投げ銭歓迎


<ミニライブ出演>
ウクレレ広報マン にっしぃ(from石川)
織田島高俊(ウクレレアフタヌーン主宰、彦六店主)
デイジー☆どぶゆき
machiko*maui田ノ岡三郎

フリーマイク参加者
ウクレレアフタヌーン/マリナ/おおたまさと/IKUlele
メルモ/DRAGON/MM喫茶店/鈴木智貴/バロン/Co-Hal


2017年5月17日(水)

「おしながき」

<出演>
à qui avec Gabriel
(歌、アコーディオン、ピアノ)

Daniel Kwon
(歌、ピアノ)

彗星☆
ヨシノトランス(シタール)/SHIORi(唄,ハルモニウム)
こさと(タブラ)/ timanyamaaa(ベース)

18:00 OPEN/19:30 START
1500円(オーダー別途)


2017年5月15日(月)

「語らぬ語り部の夜」


<出演>
蛇腹姉妹
佐々木絵実:アコーディオン
藤野由佳:アコーディオン


18:00 OPEN/20:00 START
2000円(オーダー別途)


2017年5月12日(金)


<出演>
ジャジャ岩城
(歌、ギター、ハーモニカ、口琴、グングル)
※桑名六道改め、exリップクリーム、ザ・スカラベリーズ


あべあいこ
(歌、ギター)

18:00 OPEN/20:00 START
1500円(オーダー別途)


2017年4月26日(水)

「ふみあはせ~第七幕~」
~雨本ふみと仲間たちのちょっぴロックな歌合せ


<出演>
雨本ふみ
(歌、ギター)

渡部沙智子
(歌、ピアノ)

18:00 OPEN/20:00 START
入場無料
※ワンドリンク以上のオーダーと出演者への投げ銭をお願いします


2017年4月23日(日)

片岡フグリ「self」発売記念ワンマンライブ
「アパートメント」



<出演>
片岡フグリ
(歌、ギター) from エレファントノイズカシマシ

14:30 OPEN/15:00 START
500円(オーダー別途)


2017年4月22日(土)


<出演>
フォーク者・イサジ式
(ツトム・イサジ:歌、ギター)


織田島高俊
a.k.a.彦六店主(歌、ウクレレ)

まのす

(歌、ウクレレ)

18:00 OPEN/19:00 START
入場無料
※ワンドリンク以上のオーダーと出演者への投げ銭をお願いします

イサジ式

17歳の時に聴いた高田渡やCSN&Yに強い衝撃を受け、
「オラ、日本のニールヤングになるだ」と福島県いわき市から上京。
紆余曲折を経ながらも筆とギターだけは手放さず、現在は
「時々絵を描き、時々唄い、そして毎日酒を飲む。
そういう者に私はなりたい。メートル上げてハードル下げて」
などと、タワケたことを言い続けている。
また、ウクレレを弾くとパイン・オカヤマという偽日系人に変身する。
2015年、CD「いつか来た道」発表


2017年4月16日(日)

蜂鳥あみ太のパクチーシャンソンランチショー
「パクシャン〜食べ頃パクチー三昧ランチの宴〜」


<出演>
出張シャンソニエ倫巴里
蜂鳥あみ太=4号
笠原麻矢(acc)

12:00 OPEN/13:00 START
限定15席!
この日のステージはランチタイムの後に長めのワンステージとなります!

パクチー三昧プレート&ワンドリンク付コース 3500円
ワンドリンクのみ付コース 2600円
※御予約の際にフードの有・無をお選び下さい!

・蜂鳥あみ太=4号
悪魔の捨て子の異名を持つ、全身網タイツの地獄シャンソン歌手。
特技は大声と裸。
ライブハウスでの出演の他、フェティッシュな装いにキャバレーソングを引っ提げて喫茶店やギャラリー・SMサロン等のパーティーでも活動中。
「シャンソンは三分間のドラマ、その内訳は1分間の殴り合いと1分間のセックス、残りの1分間は爆破シーン」をモットーに今日も地獄に潜伏中。
好きな食べ物はカントリーマアム(バニラ味限定)。

蜂鳥あみ太=4号オフィシャルサイト&公式ツイッター
http://amita004.web.fc2.com/
https://twitter.com/amita004
・笠原麻矢(acc)
シャンソンブルースデュオSOZORO(そぞろ)にてアコーディオン演奏を開始。
現在オリジナルからミュゼット、タンゴ、ワルツなどをレパートリーとするアコーディオン姉妹ユニット「はだか姉妹」や
ロマ(ジプシー)音楽を演奏する多国籍ユニット「ザ・ロマンビーツ」として活動中。
また全身網タイツのシャンソン歌手「蜂鳥あみ太=4号」の演奏サポートとして音響機材のないカフェ・ギャラリー等各地にて生声生音ライブを開催中。

笠原麻矢オフィシャルサイト&公式ツイッター
http://www.h7.dion.ne.jp/~sozoro/maya.html
https://twitter.com/sozoromaya


2017年4月15日(土)

「めめこの部屋・番外編」
~ぼくの住んでいるまち、きみの住んでいたまち~

 
めめこが出会ったいろいろなところからやって来た唄い人が集まりました。
ぼくの住んでいるまち、きみの住んでいたまち。
それぞれのふるさとの香りがする昼下がりのめめこの部屋。
カレーやコーヒー、昼ビールとともにお楽しみください。

<出演>
Ikasama宗教
宮城県石巻市出身・仙台市在住の吟遊詩人。
民謡?パンク?ロック?全てを包み込み、全てを超越し、
全て一粒残らず美味しくいただいて、変顔で愛を叫び歌う東北の巨人!

モロコシボーイズ
京都府京丹後市出身のみうらけいた
秋田県男鹿市出身のはだげやまふろし
の、二人による京都&秋田の田舎くささ爆発満点アコーステックデュオ!

いとうよしろう
宮城県石巻市出身
絶望の淵で報われぬ愛を叫ぶ「永遠の思春期」

memeko
埼玉県所沢市出身
絶妙な「とかいなか」で育っためめこ独特の世界観「めめわーるど」
おおらかなのに洗練された音と言葉で全てを包み込みます。

12:00 OPEN/12:30 START
入場無料(飲食オーダーと出演者への投げ銭をお願いいします)



2017年4月14日(金)

「一夜かぎりの大人のトークショー」吉野勝巳とハル宮沢

<出演>
ハル宮沢(歌、ギター)
from
コスモポリタン・カウボーイズ

吉野勝巳(歌、ギター)
from
ザ・シダルマカバー
ex.突撃ダンスホール

18:00 OPEN/20:00 START
1000円(オーダー別途)


2017年4月8日(土)


<出演>
島津田四郎
(歌、ギター)

二代目スケチヨ
(歌、ギター)

18:00 OPEN/19:00 START
1500円(オーダー別途)


2017年4月4日(火)


<出演>
角森隆浩
(歌、ウクレレ)

やもと問唔
(歌、ギター)

18:00 OPEN/20:00 START
1500円(オーダー別途)


2017年3月20日(月・祭)

「めめこの部屋・16」


<出演>
memeko
(歌、ギター、クラリネット、ほか)

hanamoon
withすみす
(歌、ウクレレ、鍵盤)

18:00 OPEN/19:00 START
1000円(オーダー別途)


2017年3月18日(土)
「祝 The BeatUSキャバーンライブおめでとう壮行会ライブ」


<出演>
The BeatUS
(成相博之&勝誠二)


19:00 OPEN/19:30 START
2500円(オーダー別途)


The BeatUS (The Beat Ukulele Sounds)
現在ウクレレプレーヤーとして個々に活動中の
成相博之(現 U900 )と勝誠二(元 子供ばんど)の2人によるスペシャル・ユニット。
ハワイや日本各地で開催されたウクレレ・フェスにて数多く共演・セッションを繰り返すうち、
幼少時から2人共通のアイドル「ビートルズ」のレパートリーを
ウクレレ(成相)とウクレレベース(勝)、リズムセクションにKORG STAGEMAN80を使う
現在の最小限のバンドスタイルが出来上がった。
バンドのコンセプトは「バック トゥ ザ 中学生の部活動!」で、
何より自分達が一番楽しみ、それが観ている人達にも伝わるような
肩の凝らないステージを展開中。


2017年3月3日(金)

「桃の節句の姫祭り・ちらし寿司付き」

<出演>
雨本ふみ
(歌、ギター)

フィノッキオ
(高橋まりす:歌、ウクレレ/エフィー:テューバ)

ユッコ&ぱんそに
(歌、ピアノDuo)

18:00 OPEN/19:30 START

2600円(ちらし寿司&ワンドリンク付き)
2100円(ワンドリンク付き)
※ちらし寿司ご希望の場合は事前にご予約を下さい


2017年2月26日(日)

「Live at 東京鼠 "we are singers"」


<出演>
のっぽのグーニー
(歌、ギター)

14:30 OPEN/15:00 START
1000円(オーダー別途)


2017年2月24日(金)


<出演>
ペーソス
島本慶(歌・ハーモニカ)
米内山尚人(ギター)
末井昭(サックス)
スマイリー井原(専属司会)

 <OPENING ACT>
草深イタチ
(ウクレレ弾語り)
 

18:00 OPEN/20:00 START
2000円(オーダー別途)


2017年2月19日(日)


<出演>
mamaclio
クリスチィヌ(バイオリン)
うえむらまさゆき(ウクレレ・ギター)
大野ミチル(バグパイプ・笛)
ロケット・マツ(アコーディオン・マンドリン)

<ゲスト>
中川樹海(歌、三線)

18:00 OPEN/19:00 START
2300円(オーダー別途)


2017年2月11日(土)

「冬の大谷まつり」

<出演>
大谷氏
(歌、ギター)

ポスポス大谷
(歌、倍音、ギター、ほか)

<ゲスト>とっちゃん(鍵盤、歌)

18:00 OPEN/19:00 START
2000円(オーダー別途)


2017年2月10日(金)


<出演>
なべ虹魚
(歌、ギター)

松浦湊
(歌、ギター)

山下健太
(歌、ギター) from 鼻ホームランの森

18:00 OPEN/19:30 START
入場無料
※ワンドリンク以上のオーダーと出演者への投げ銭をお願いします


2017年2月8日(水)

ソロCD「ロックンロールのはじまりは」発売記念
エマーソン北村 彦六初ライブ!


<出演>
エマーソン北村
(キーボード)

<OPENING ACT>
tamamix
(ウクレレ弾語り)

18:00 OPEN/20:00 START
2000円(オーダー別途)


エマーソン北村
キーボード奏者としてJAGATARAに1987年から、MUTE BEATに1988年から参加。
ライブハウスのエンジニアやインディーレーベルのスタッフを経てフリーのミュージシャンとなり、
’90年代から現在までの間に、忌野清志郎&2・3’s、EGO-WRAPPIN’、斉藤和義、
シアターブルック、キセルなど数多くの個性的なバンド・アーティスト達と共に活動してきた。
深い音楽理解からなる的確な演奏と、インディー/メジャーを縦横に行き来するフットワークの軽いスタンスとで、
世代を問わない多くの音楽ファンから支持を集めている。
「エマソロ」と呼ばれるソロ活動では作曲、レコーディング、ライブのすべてを一人で行い、
ロックステディを基本にしながらも独特の風景が見える音楽を作り続けている。
2014年にアルバム「遠近(おちこち)に」を発表し、北海道Rising Sun Rock Festivalに十年連続出演するなど、
全国・韓国で数多くの印象的なライブを行ってきた。
2016年12月、二年ぶりの新作「ロックンロールのはじまりは」をリリース。


2017年2月3日(金)

「ふみあはせ~第六幕~」
~雨本ふみと仲間たちのちょっぴロックな歌合せ


<出演>

雨本ふみ
(歌、ギター)

あべあいこ
(歌、ギター)

18:00 OPEN/20:00 START
入場無料
※ワンドリンク以上のオーダーと出演者への投げ銭をお願いします


2017年2月2日(木)



<出演>
ピエモンテルノ
清水サツキーヌ彩月(歌、三線、ウクレレ)
表現太郎(ギター、歌)

18:00 OPEN/19:30 START
2500円(オーダー別途)


日本の唄を求めて1996年より日本民謡、1997年より津軽三味線、
2000年より八重山古典民謡に精通する民謡歌手の清水彩月が、
一風変わった歌劇的楽曲を多々手掛ける空想音楽作家表現太郎とユニット結成。
2010年、表現太郎の空想の世界の登場人物、金髪女優サツキーヌとして歌い演じる。


2017年1月27日(金)

「大人のトークショー」吉野勝巳とハル宮沢

<出演>

ハル宮沢(歌、ギター)
from
コスモポリタン・カウボーイズ

吉野勝巳(歌、ギター)
from
ザ・シダルマカバー
ex.突撃ダンスホール

18:00 OPEN/20:00 START
1000円(オーダー別途)


2017年1月15日(日)

彦六開店12周年!

12年ひとまわりの大祝賀会!

18:00 OPEN

2005年の1月15日に開店した彦六が、満12年を迎えます!
感謝の気持ちをこめて、ビュッフェスタイルのパーティを予定しております
お楽しみに!

●料理は¥1,500のビュッフェのみとさせて頂きます
料理を御希望でない方は、飲物だけのオーダーでも結構です

●飛び入り演奏大歓迎!(22時まで)
皆の前で演奏/パフォーマンスをしてくれた方には
おひねりとしてワンドリンクサービス


2017年1月9日(月・祭)

「めめこの部屋・15」


<出演>

memeko
(歌、ギター、クラリネット、ほか)

山崎怠雅
(歌、ギター)

18:00 OPEN/19:00 START
1000円(オーダー別途)


home
HOME